こいけこどもクリニック

アレルギー疾患について

食物アレルギーを持つお子様の離乳食の進め方について

「はじめて乳製品や卵をあげたら蕁麻疹が出た」というご相談をいただくことが多いです。原因が何であっても蕁麻疹については自然に軽快することがほとんどであり、症状が強めであっても抗アレルギー薬の内服でおさまることが多いです。但し、アナフィラキシーショックという緊急で対応が必要な時もあるため、アレルギー症状がでたら、まずは病院、クリニックに向かうというのが良いと思います。

アレルギー症状が落ち着いたあと、考えなければいけないことは、「何に反応したのか?」、「離乳食の進め方はどうすれば良いのか?」ということだと思います。最近の研究で、生後3~6か月の離乳食開始前の乳児でも血液検査を行うと卵、牛乳、小麦などにすでに反応がでているお子さんがいるということが分かりました。口からではなく皮膚を通じて体に取り込まれ反応しているということになります。アトピー性皮膚炎があって皮膚のバリアが破たんしているところがあると、アレルギー反応陽性者が多いことも分かりました。

離乳食開始前から皮膚を通じて反応はしているため、離乳食を進めたからと言ってアレルギーが悪くなるとは言えません。むしろ、症状なく食べられる量を食べていった方が体が慣れて(耐性獲得)、食物アレルギーが改善する可能性があります。その際には、実際にアレルギー症状が出現しない摂取量はどのくらいなのか注意しながら進める必要があります。自分の判断で行わず、医師と相談して食物除去の解除を進めていってください。

inserted by FC2 system